ブログ

「2018夏祭り」開催のご報告

ジュンコ先生の教室「四大祭り」の1つ、
「2018夏祭り」が7月29日に開催されました。
夏祭りは、「学習発表 〜お互いの成長を讃えあう日〜」
がコンセプトのダンスパーティーです。
当日の様子を、ご紹介させていただきます。

 


大きな輪になって、オープニング。
乾杯の挨拶を担当されたのは、Yさんです。
(女性がご担当されるのは、初!)
Yさんの、ジュンコ先生たちへの感謝と、
「皆で踊れること」への感謝の言葉に、
こうして集い・踊れることの喜びを、改めて感じました。
「頑張って踊りましょう!」と力強く乾杯。
パーティーが始まります。


まずは、「持ち寄り・フード&スイーツコーナー」へ。
気になっていたアノお店のスイーツや、
愛情たっぷりの家庭料理など、
美味しい食事が、心とカラダを満たします。

エネルギー・チャージが完了したら、
いよいよダンスタイム・スタート
社交ダンス曲から、TUBEやサザン、
THE BOOMといったポップスまで、
バラエティに富んだ曲が流れます。
多彩な「音」を全身で味わう、ひととき。

ダンス歴も年齢も関係なく、
本当の意味で「全員参加」できるのも、
ジュンコ先生の教室・パーティの魅力です。
今回も、肥後橋・神楽坂教室の生徒さん、
各地の音楽体操メンバー、生徒さんのご家族と、
様々な方がいらっしゃっていていました。
「初めまして」「久しぶり」の方同士も、
当たり前のように組み、踊ります。

会うたびに、若々しくなられる「お母さま」は、
もう、パーティの常連メンバー。
パーティー毎月の音楽体操を、特別に楽しみにされている
と、嬉しいお話を伺うことができました。

 

学習発表タイムも、
大阪・東京メンバーが交流しながら、
「いきなり・ショータイム」方式で、
次々と「作品」を披露します。

白熱のファイヤー・パソドブレ

雄大なスロー・ファンデーション

ウォーキング・ルンバは、チーム毎の発表。
心地良い緊張感です。

スピード感あふれる、タンゴ・ファンデーション

ムードたっぷり、レボリューション・ルンバ

教室の看板商品、ピクチャー・ポーズ・ループ
上品にしっとりと、大輪の花を咲かせます。

学習発表を見学された感想を、
ジュンコ先生御用達・パン屋さんのマダムに伺ったところ、
「こんなに、しなやかで華やかな世界観、初めてです!」
「皆さんスタイルが良く、女性が女性らしく素敵です」
という、喜ばしいコメントを頂きました。

 

パーティ中盤には、名物企画の
「NETダイジェスト」
涙あり・笑いあり、ヒデさんの朝練(鬼トレ)VTRから、
「ワイド・ウォーク」がスタート。
エレナちゃん・ヒデさん・ミキヒコさんが、
四つ足状態でフロアを駆け抜け、会場は大盛り上がり!
エレナちゃんに誘われ、皆も一緒に走り出します。

続いて、「こぶし」「空中スクワット」
そして、夏らしさ全開のアノ曲で踊る「メレンゲ」

無心に、ノリノリで体を揺らすうちに、
内側から活性化していきます。

その後の「ラインダンス選手権」は、チーム戦です。
6月の東京大会(初夏神楽)を制した、東京男子チームは、
事前インタビューで「作戦がある」と意味深な笑み…。

各チームの発表。熱いパフォーマンスです。




ラストは東京男子チーム。
満を持して登場、「ピンクの男たち」
前回チャンピオンとして、
堂々とラインダンスを披露しました。

全チームの演技を終えた後は、
審査委員長・エレナちゃんより結果発表。
優勝は…東京男子チームです!!
「優勝する気で」挑んだ彼らが、
東京・大阪、両大会を制覇しました。

ユニバーサルダンス教師・3期生チームも、同点優勝!
2チームのオナーダンスに、再び歓声が上がりました。

 

そして、学習発表もクライマックスに。
「サイコーに楽しい!」バイラ・サンバ

カンタービレ・ワルツは、
最初から最後まで、丁寧に・細やかに。

新たに加わった、
クイック・ファンデーションも踊り切りました。

全種目を終えて、参加者の
Hさんにインタビュー。
初挑戦だった半年前(フェスタ)は、2種目に参加され、
他の種目も「踊ってみたい」と仰っていましたが、
今回は9種目、全てを披露。

9種目を踊りきった感想を伺ったところ、
「楽しかった!」「気持ち良かったです!」
と清々しい笑顔。
先輩たちのおかげですと、
感謝の気持ちも述べられていました。

 

ジュンコ先生からの、締めのご挨拶では、
「学習発表が、まるでショーを見ているよう」
「めちゃくちゃ上手くなっている!」
「表情が、ものすごくナチュラルになった」
という、とっても嬉しいコメントを頂きました。
「表情がナチュラルになった」ということは、
インナー(背骨等)の状態が良くなったということ、
と聞き、一同、更に幸せな気持ちに。

「音楽体操の世界が、もの凄く綺麗なダンスに繋がる」
ということを、再確認し、
本当の「3方良し」ダンスを目指して行きたい
という、皆の思いが高まりました。

 

素晴らしい時間を、ともに過ごさせて頂き、
当日、ご参加・お手伝い頂いた皆様には、心よりお礼申し上げます。
誠に、ありがとうございました。

 

一般社団法人日本ユニバーサルダンス協会
中村 あきこ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る