ブログ

10月・神楽坂練習会のご報告

10月6日、7日に
神楽坂練習会を開催いたしました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございます。

今回は、ユニバーサルダンス教師3期生と1期生が全員集合し、
3期生のうち、3名は大阪からの参加。
初めてお会いする生徒さんもいらっしゃり、
ドキドキ・ワクワクの練習会となりました。
当日の様子をご報告させていただきます。

 

<1日目>
1時間目:踊れるカラダづくり
エクササイズを交えつつ、
タンゴサンバヴェニーズワルツチャチャチャと、
様々な曲で、2ステップ。
音楽の変化やエクササイズによって、
「背骨の揺れが変わること」を体感。

背骨から生まれた動きは、何でもOK!
を合言葉に、自由に体を揺らすと、
「楽しい!」
「相手のエネルギーが伝わってくる!」
という声があがりました。

 

2時間目:社交ダンスの基礎の基礎プラクティス
1時間目に引き続き「背骨」がキーワード。
各種目の音楽と、シンプルなステップを通じて、
背骨の「ゆらぎ」を味わった後、
その「ゆらぎ」をウォーキングタンゴや、
チャチャチャのタイムステップに変換。
「カラダの機能を活かすと、楽に踊れる」ことを実感しました。

エレナちゃんの「親指の関節」豆知識で、
リラックスした柔らか~い手も体験し、
盛りだくさんの1時間でした。

 

3時間目:ファイヤー・パソドブレ
神楽坂練習会では、久々の登場。
12月・お神楽(パーティ)での学習発表に備え、
じっくり練習し、ショータイムも行いました。
エレナちゃんの真似をして、「拮抗する感覚」で踊ると、
皆様の踊りが、よりパワフルに変化しました。

 

4時間目:ピクチャーポーズ・ループ
背骨の「ゆらぎ」や、
カラダの中に「タイムラグ」が生まれる様子を、
静かに・繊細に味わってから、
インナーレッグ筋膜スイッチで、揺れを継続・拡大。
メビウス感覚で、優雅にうっとりと踊ります。

ショータイムでは、パーティ本番の
学習発表をイメージし、1曲丸ごと披露しました!

 

<2日目>
1時間目:ウォーキング・ルンバ
(&レボリューション・ルンバ)
2人で踊るレボリューション・ルンバで体感した、
「相手を誘う感覚」「緩急の感覚」を、
1人で踊るウォーキング・ルンバでも持ち続けるなど、
組み合わせることで、2つのダンスの
相乗効果を発見することができました。

 

2時間目:カンタービレ・ワルツ
まずは1人ひとりが「圧」を、カラダで確認。
その後、音楽を感じることで「圧」がますます高まり、
「しっかりボディ」で踊ります。

新発明の「龍游バネ」(龍游功+空中スクワット)で、
お相手と、背骨のうねり&バネを合わせると、
難しかった後半部分のステップが、グッと踊りやすくなりました。

 

3時間目:バイラ・サンバ
エクササイズ「ジンガ」上半身・下半身のバネを連動させ、
更に、エレナちゃんから教えてもらった
禁断の呪文♡(!)をプラスすることで、
内臓のバネも活性化。

「2人ジンガ」で、お相手とバネを合わせると、
「引き込み感覚」「出ていく感覚」が強力になり、
ダンスが、よりダイナミックに。
カラダの奥深くから生まれ、躍動するような踊りに、
「見ているだけで涙が出そう」とのコメントも。

 

4時間目:月例ワークショップの復習会
(スロー、クイック・ファンデーション)
習いたてのステップを、丁寧に復習。
1~3時間目で活性化した、全身のバネのおかげで、
難しそうな、ズバッと回転するステップも、
飛び跳ねるステップもイイ感じに♪

ラストのショータイムは、
まるでお祭りのように盛り上がり、
ワークショップや、お神楽へのワクワク感が
いっそう高まりました。

 

新たな節目の練習会を、無事に終えることが出来たのも、
大阪・教師メンバーを温かく迎えて下さった、当日の参加者の皆様、
そして、「神楽坂練習会」という場を育てて下さった、
これまでの、全ての参加者の皆様のおかげです。
心より、お礼を申し上げます。
ありがとうございます。

 

次回の神楽坂練習会は、11月3日(土)・4日(日)
2018年ラストの練習会です。
(12月は、お神楽開催のため)

参加者の皆様にとって、より良い練習会を作れるよう、
教師一同、引き続き力を合わせて参ります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

 

一般社団法人日本ユニバーサルダンス協会所属
あきこ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る