ブログ

2020「神楽坂・初踊り練習会」&「新春・お神楽」のご報告

1/3開催の「神楽坂・初踊り練習会」
遠方からもご参加いただき、誠にありがとうございました。
当日の様子を、ご報告させていただきます。

 

2020年・初のレッスンということで
今年の漢字が発表。
「速」という、予想外の文字に
「実は…そういう人になりたかったんです!」
というメンバー多数で、盛り上がりました。

2019年に引き続き、2020年も
「アンノウン・テリトリー」は継続。
ジュンコ先生の導きで
「知っている・やったことある」の中に
隠れていた“未知”を体験しました。

クイック・ファンデーションでは
最初のフィガーから
すごーく大雑把に踊っていたことが判明し
「わたし、全然“細やか”じゃなかった…!」
「ブンブン、振り回すみたいに踊ってたよ~!」と衝撃。

前半部分だけでも、
カラダ使い2人の位置関係など
細かいポイントがいっぱいで、
「そういう瞬間があったとは!」
と驚きの連続でした。

 

ダリエンソ・タンゴは、
フォーラウェイ・リバース&スリップ・ピボット
以降を、重点的に見直し。
「添う女・添われる男」で、
グングン進み、ズバッと回転できるようになり、
ある方が「そうだったのか…!」「すごい…!」
と、興奮気味につぶやかれていました。

「知っている」と思っていたことの中に
「アンノウン・テリトリー」を見つける喜びや、
それによって、踊りがガラッと変化する面白さに
参加者一同、改めて魅了されました。

 

レッスン後は、お楽しみの
「新春・お神楽」(新年会)。
スパークリングワインで乾杯し、
歓談を楽しみました。

皆様が持ち寄ってくださった、フード&スイーツ
美味しいのはモチロン、見ためも鮮やかで
見て・食べて、幸せな気持ちになりました…♡

 

また、この日は「公開・re-Treat」も行われました。
「聴力のこと、老化だと諦めていたけど
 違ったんですね…!」
「大切な家族に触れるために、
 “魔法の手”が欲しいんです!」
「人って、こんなに活き活きして、
 キラキラ輝いて見えるんですね…
 知らなかった…」

五感が開かれ、嬉しそうなご様子や
ご自分の“可能性”に出会う姿は
何度見ても感動的。
今日この場に、立ち会うことができて
良かった…と思いました。

 

2020年を、このように温かい気持ちで
スタートできたこと。
また、今年も皆さまと一緒に勉強できることを
心より嬉しく思います。
改めまして、ありがとうございました。

 

一般社団法人日本ユニバーサルダンス協会
あきこ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る