ブログ

第4回 月例ワークショップ(7期)【参加レポート】

先月、6/13(日)に
第4回・月例ワークショップ(7期)
「コネクト・ボディ・セオリー」
が開催されました。

一緒に学ばせていただいた皆様、
ありがとうございました。
当日の様子を、レポートいたします。

 

レボリューション・ルンバの練習にて。

ジュンコ先生から、
ルンバは、堂々と「愛」を語れる種目。
「男女の愛」を表現できる!
ダンスの中でそんな体験、してみたくない?

そう問われ「おおーっ・・・!!」
一同どよめき、引き込まれます。

印象的だったのは、
ダンスで愛を語るには
カラダの状態が、とっても大事
(精神性だけじゃない)ということ!

脇アップ手揉みをして、
カラダがゆったり、大らかに。

その状態で踊ると、
「わあっ・・・包み込まれている感じ♡」
「大切にされている、って気がする!」
男性役も女性役もうっとり、幸せそう。

こんなに変わるの・・・!?
と、ビックリです。
(愛が足りない?気持ちの問題??
 と思っていたら、失われていたのは、
 脇アップ、カラダのスキマだったなんて・・・)

人体のチカラって凄い!
改めて実感しました。

 

前半、まずはニューヨークを使って、
アームのお勉強。
フリーアームを丁寧に扱うことで、
バランスがとりやすく、
お相手との関係も、濃厚に。
(皆様の姿も、なんだか しっとりエレガントに見えてきます)

 

この日の目玉
“ワカメ運動”
背骨から、あばら・肘・手・指先への
”流れ”を、じっくりと体験した後、
ルンバのアームアクションへ。

「今まで、肘や手で、
 ”流れ”を止めていた・・・(汗)」
「連動が上手くいったら、
 もっとカッコよく、ダイナミックな
 ルンバが踊れそう!」
鏡に向かって、夢中で練習しました。

 

後半、いよいよ、
ルンバ・ベーシック
で実践練習です。

ジュンコ先生のように、
手・腕を通して“信号”が
バシッと相手に伝わるダンスに、憧れる!
ドラマチックに踊りたい!

男性のリード、
待っているつもりだったけど、
改めて見直すと
「自分のタイミング」でした・・・。
合わせどころや、緩急、もっと知りたいです!

「1歩、アシを出す」
「体重が乗る」
1つのアクションで、
背骨やあばら、腕、手
いっぱいの部品が参加しているんですね!
豊かな実感、感覚が楽しい。

ルンバ・ベーシック、特に、
オープン・ヒップツイストから、
多くの学びがありました。

 

懇親会にてリフレッシュした後は、
再び練習。

この日、勉強したことを発揮するぞーッ!
と意気込んで、踊っていると・・・・

ジュンコ先生から
「LOVE」が見えない。
名曲「LOVE LOVE LOVE」なのに・・・
とのコメント。

あーっ、そうだった!
(膝から崩れ落ちる、私・・・)

いかん、いかん、
ついつい“感じる”の世界観から、
離れてしまう・・・。
脇アップ、手揉み、ワカメ運動で、
「愛が伝わるカラダ」を取り戻します。

久しぶりの、
ワークショップ・ショータイムでは、
「仲間の踊りを見て、刺激になった!」
「緊張するけど、やっぱり良いね!」
盛り上がりました。

 

「手・腕の使い方」から、
想像していた以上に
深く、魅惑的なコトを
垣間見ることができました。

この先に、もっと豊かで・楽しい
ルンバの世界が待っている!
と、期待感いっぱいです。

次回、7/11(日)の月例ワークショップも、
どうぞ宜しくおお願いいたします。
(次回のご案内は、コチラから)

 

一般社団法人日本ユニバーサルダンス協会
あきこ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る