ブログ

第13回・快刀乱麻ワークショップ in 肥後橋【参加レポート】

お待たせいたしました。
7/23(木・祝)に開催されました、
第13回・快刀乱麻ワークショップ in 肥後橋
のレポートです。

一緒に学ばせていただいた皆様、
ありがとうございました。

 

今年の1月より始まった、
魔境・脱出シリーズも、
とうとうファイナル!

前回(第12回)、
・グラウンディングができていないと
 ココロにもカラダにも、
 余計なものを溜め込んでしまう
・地球に立つため、“生存”するために、
 自ら、魔境を作っている
と、衝撃の事実が明らかに。

それから2ヶ月間、
四つ足グラウンディングや、
3recipeに取り組んだり、
意識的に気の向きを変えたりと、
それぞれ、魔境脱出を目指してきました。

 

その成果は果たして!? と臨んだ
開場直後、練習タイムの
バックフェザー&リバースウェーブ

ですが・・・・
「うーん、バシッと決まらないなあ・・・」
「グニャグニャしすぎている・・・?」
いつの間にか、魔境 真っ只中に(涙)

迷い、モヤモヤ・・・・としていたところ、
ジュンコ先生の声掛けに、ハッとします。

目指す方向を思い出し、
・理想の自分と、現状の自分を繋ぐのは
 気持ちと、気合い!
・みんなで、美しくカッコ良い、
 競技スタイルを手に入れるんだ!
など、レッスンに向けて
意識統一しました。

 

講義にて「魔境とは」を再確認。

また、
ミソギで、自分のカラダがキレイになると、
お相手と組めるようになり
バランスを取れるようになり
憧れの踊りに近づける!
と、古神道の世界と
社交ダンスの繋がりについても復習。

お話の流れで、
ヒデ先生がグラウンディング感覚を掴んだ
きっかけもお伺いすることができ、
「やっぱり3recipeって凄いんだ!」
「より、効果的にできるようになりたいな」
という気持ちが高まりました。

 

3recipeの見直しでは、
「ツリタレを思い出したら、
 足を出す位置に、迷わなくなりました・・・!」
との声。

ツリタレ・ポジション
四つ足配線
脇、肩甲骨にスキマなど、
メソッドで学んでいることを、
どれだけ実践できるかが鍵
と痛感。

特に大事だと感じたのは、
やはり「聴覚」「音」についてです。

音をよーく聞いて
自分の感覚に向き合い
心地よく「幸せだ〜!」と取り組むのが、
一番、効果的
参加者の方々を見て、そう思いました。

 

人間は複雑で、
ある意味、常に魔境だけれど、
「正確」「正しい」も、ちゃんとある
というお話から、
3密(精密・緻密・綿密)の世界への
扉が開きます。

規則正しく、音を刻むワークでは、
「想像以上に緊張しました・・・!」
「いろんな気持ちが湧いてきて、
 惑ってしまいました〜(汗)」
と、ドキドキしながらも、発見が沢山。

 

こうしてお勉強したことを、
ムスビ・アマルガメーション
(バックフェザー
 リバースウェーブ
 ヒール・プル
 カーブド・フェザー)
で実践です。

脇や肩甲骨に
スキマが開き、変化する
それにより、下半身も変化して、
ロウァになる など、
精密・緻密・綿密
ダンスで体験していきます。

ジュンコ先生と踊ったメンバーは、
「スッキリ、機械的で、
 ストレスが全然ない!」
「でも、自由自在で楽しい〜!」
「音楽の波が、ブワーッと入ってくる!!」
と興奮気味。

目指す感覚を探して、何度も踊り、
レッスンが終わった後も、活性高く、
練習や質疑応答が行われました。

 

私自身、ムスビ・アマルガメーションの中で、
いろんな“魔境“と対面しました。

・こうしないと間に合わない
・立てない
など、学生時代に培った「思い込み」が、
今もカラダに残っていることに気づき、
「ええっ、10年以上、意識することも、
 思い出すことも無かったのに!?」
「これが、魔境・・・!」
と、心の中で、仰天・・・。

人間の複雑さ、奥深さも、同時に実感。

蓄積してきた、
「要らないもの」はクリーニングして、
「良いもの」を呼び覚ましていきたい!
そのためにレシピや、キュアをやるんだ!!
レッスンをきっかけに
改めて決意いたしました。

 

7月は、快刀乱麻ワークショップ以外にも、
肥後橋レッスンに連続で参加させていただき、
ご一緒させていただいた皆様から、
いっぱいの学び、お土産をいただきました。

「今は、まだ上手く言葉にできないこと」
「まだ認知できていないこと」も合わせたら、
ものすごい膨大な“宝の山”を抱えて、
東京に戻ってきた、と感じております。

誠にありがとうございました。

 

次回、快刀乱麻ワークショップは、
9/20(月・祝)開催です。
(お申し込みはこちらから。プログラム詳細は、
 社交ダンスが上手くなるということ 第5341話 をご確認くださいませ)

また、皆様にお会いできますこと、
楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

一般社団法人日本ユニバーサルダンス協会
あきこ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る